FAT ADAPTATIONの効果

FAT ADAPTATIONの効果

そもそもFAT ADAPTATIONとは?

「安静時や運動時に脂質をエネルギーとして利用しやすい状態に調整すること」

定義としてあらわすとこんな説明になります!

脂質からエネルギーを効率よく得られるようになることで、カラダに備わった脂肪(体脂肪)もエネルギーとして利用しやすくなります。

ファットアダプテーションをして1番よかったことは、

レースや運動中の補給が少なくなったこと

実際にレースでした補給は以下の通りです。
6月に走った「美ヶ原トレイルラン90km」でとった補給は、

・ジェル6本
・エイドでお蕎麦1杯
・エイドでコーラ

です。ちなみにかかった時間が、15時間10分くらい。

過去に美ヶ原の80kmに参加した際は、11時間30分ぐらいで走り、補給はジェルオンリーで10本位は摂取してました。
(レース後は、口の中が荒れちゃいました)

距離は違いますが(むしろ長くなってる)、同じレースを少ない補給量で走り切れていることを考えると、エネルギー的に効率のいい走りができていると言えると思います。

そして、先月走った
「会津那須越県ロングトレイル」(90km、21時間15分で完走)では、

・ジェル1本
・エネモチ1本
・トレイルバター(大きいパックの方1個)
・エイドでお蕎麦
・コーラ

で走りきりました。

どうでしょう??

2本のレースでの距離や行動時間を考えると、一般的に言われるような補給の量と比べ、少ない摂取エネルギーでもしっかりと動けていると思います。

もちろんこれはファットアダプテーションに取り組んだ上で、心拍数やペースを意識してレースを進めたことで得られた結果になります。

補給が少なく済むメリット

=荷物が減らせる、軽量化、消化吸収による体への負担減、走りに集中できる

摂取するモノが減らせるので、その分補給食を持たなくてもいいようになります。持たない分、荷物の軽量化につながります。

また、ジェルで気持ち悪くなってしまうことや、気持ち悪くなり補給ができなくて動けなくなってしまうということを、防ぐこともできます。

補給そのものの行為、ポケットから取り出して、摂る動作が面倒くさくなることもロングレースでは出てきますし、ジェルなど補給食のベタベタで不快な思いをすることも減らせるので、走り自体に集中できます。

以上は、運動中の補給という点においての効果になりますが、
体脂肪が上手く使えるようになることで体重が落ちるという嬉しい効果(コレが1番のメリットだったり笑)もあったりします!!!

10月22日のFAT ADAPTATIONセミナー
のお申し込みはこちらから⬇︎

https://moshicom.com/profile/122166/

 

STRIDE LAB 名古屋』
愛知県名古屋市名東区八前2-1002
平日13:00-20:00 土日祝12:00-19:00
定休日(月)(木)
・駐車場あり
・東名高速名古屋インターI.Cから約10
・一社駅から徒歩約20分・上社駅、一社駅からお店近くまでバスもでてます。

LINEhma4983o  ⬅︎イベントや商品についてなど質問あればこちらからお気軽にお問い合わせください
facebook@stridelabnagoya
instagram@stride_lab_nagoya
イベント情報:e-moshicom

足底筋膜炎のケア

足底筋膜炎

足裏、アキレス腱付近、カカト周辺の痛み。ランニングやジャンプ動作などの繰り返される動作により、足底にダメージが蓄積され痛みが発生します。

特に動き出しで痛むことが多く、朝起きての1歩目や走り始めなどで痛みを感じやすい傾向があります。

朝起き上がって、歩き出しでカカト付近に痛みを感じることありませんか???

足底筋膜炎の原因の1つとして、オーバーストライドがあげられます。
体の重心より前で接地をしてしまうことで、足底筋、腓腹筋、ハムストリングは伸張性筋収縮(筋肉は伸ばされながら力を発揮)を行いながら衝撃吸収を繰り返します。
伸張性筋収縮は発揮できる力も大きのですが、その分負荷も大きくなります。

ケア

ストラスバーグソックを履くことにより、足関節を少し曲げた状態(背屈)をキープ、強制的にストレッチさせておくことができます。
ストレッチさせることでアーチの形状を最適に保ち、足底部を最も回復しやすい状態に保ってくれます。
レース後のリカバリーやハードな走り込みの後など、就寝中に着用することでより効果的な回復をすることができます。

日中の生活中や、運動時には、OS1st FS6 フットスリーブが効果的で、段階的に設定された着圧が足裏、アーチをサポートしてくれます

そのほか部位に応じたケア用品もご用意しております。
ランニング障害でお困りのかた、ご相談ください!

10月22日(火)
FAT ADAPTATIONセミナー開催
詳細はこちら https://moshicom.com/34654/

 

STRIDE LAB 名古屋』
愛知県名古屋市名東区八前2-1002
平日13:00-20:00 土日祝12:00-19:00
定休日(月)(木)
・駐車場あり
・東名高速名古屋インターI.Cから約10
・一社駅から徒歩約20分・上社駅、一社駅からお店近くまでバスもでてます。

LINEhma4983o  ⬅︎イベントや商品についてなど質問あればこちらからお気軽にお問い合わせください
facebook@stridelabnagoya
instagram@stride_lab_nagoya
イベント情報:e-moshicom

FAT ADAPTATION セミナー 10/22(火)開催

 

トレイルランナーやウルトラランナーの間で話題となっている
「FAT ADAPTATION」のセミナーを10月22日(火)にSTRIDE LAB 名古屋で開催します。

FAT ADAPTATION ファットアダプテーション???
 安静時や運動時に脂質をエネルギーとして利用しやすい身体に調整すること

カラダに蓄えられている脂肪を効率よくエネルギーとして利用するための体質改善です。

ファットアダプテーション効果

・運動中の摂取エネルギーの量を減らすことができる
・乳酸をエネルギーとして利用するための能力が増える
・カラダに蓄えられている脂肪を運動中に効率的に利用することができる

 

カラダに蓄えられた脂肪をエネルギーとして効率よく利用できるようになることで、運動中の補給は少なく すみ、ジェルなど補給で気持ち悪くなることや、血糖値の上下動のによる疲れ、内臓などカラダへの負担も 減らすことができます。
また、体に蓄えられた脂肪をうまく使えるようになる為、体重や体脂肪が減るという効果もあり、健康管理にも役立ちます。

今回のセミナーは、FAT ADAPTATIONの導入編、実践編の2部構成で開催!

【導入編】 https://moshicom.com/34654/
Fat Adaptationのコンセプトをわかりやすく説明します。このセミナーでは、効率の良いエネルギー代謝を身につけるために必要な基礎知識を得ることができます。

Fat Adaptationは無理なく、自然な形で皆さんの生活の中になじまなければいけません。実践する前に知っておいてほしい「Fat Adaptation」の「メリット&デメリット」を説明し、その効果を最大限に活かしていただくために、気をつけなければいけないポイントの詳細をわかりやすく説明します。

場合によっては「逆効果」になってしまうような「ネガティブ・アダプテーション」を起こさないために、Fat Adaptation基礎知識をしっかり学んで、これから学ぶ実践編の準備をしましょう。

【実践編】 https://moshicom.com/34688/
Fat Adaptationの初歩的な実践方法を実例を交えながら理論立てて説明します。より無理なく、より継続可能な方法でFat Adaptationを導入するために知っておきたい重要なキーポイントをまとめて学ぶことができます。

それぞれの生活習慣にあった形でのFat Adaptation方法を様々なケースに合わせて説明します。実際に摂った食事の内容や、間欠的ファスティングなど、正しい形で継続するための方法を実践的な説明をします。

自身の生活習慣に合う、最適な方法でのFat Adaptationを始めるために必要な実践的な基礎知識を学ぶことができます。

講師:福地孝 STRIDE PERFORMANCE CENTER代表、株式会社ロータス代表

導入編
日時:10月22日(火) 19:00−20:00

場所:STRIDE LAB 名古屋
参加費:2,000円
(1万円以上もしくはカイメラ購入に使える1,000円チケットをプレゼント)
参加賞:MCTゼリー
参加方法:イーモシコムからエントリー
定員:25名

実践編
日時:10月22日(火) 20:10ー21:10
場所:STRIDE LAB 名古屋
参加費:2,000円
(1万円以上もしくはカイメラ購入に使える1,000円チケットをプレゼント)
参加賞:MCTゼリー
参加方法:イーモシコムからエントリー
定員:25名

STRIDE LAB 名古屋』
愛知県名古屋市名東区八前2-1002
平日13:00-20:00 土日祝12:00-19:00
定休日(月)(木)
・駐車場あり
・東名高速名古屋インターI.Cから約10
・一社駅から徒歩約20分・上社駅、一社駅からお店近くまでバスもでてます。

LINEhma4983o  ⬅︎イベントや商品についてなど質問あればこちらからお気軽にお問い合わせください
facebook@stridelabnagoya
instagram@stride_lab_nagoya
イベント情報:e-moshicom