「ランニングイベント」タグアーカイブ

FAT ADAPTATIONの効果

FAT ADAPTATIONの効果

そもそもFAT ADAPTATIONとは?

「安静時や運動時に脂質をエネルギーとして利用しやすい状態に調整すること」

定義としてあらわすとこんな説明になります!

脂質からエネルギーを効率よく得られるようになることで、カラダに備わった脂肪(体脂肪)もエネルギーとして利用しやすくなります。

ファットアダプテーションをして1番よかったことは、

レースや運動中の補給が少なくなったこと

実際にレースでした補給は以下の通りです。
6月に走った「美ヶ原トレイルラン90km」でとった補給は、

・ジェル6本
・エイドでお蕎麦1杯
・エイドでコーラ

です。ちなみにかかった時間が、15時間10分くらい。

過去に美ヶ原の80kmに参加した際は、11時間30分ぐらいで走り、補給はジェルオンリーで10本位は摂取してました。
(レース後は、口の中が荒れちゃいました)

距離は違いますが(むしろ長くなってる)、同じレースを少ない補給量で走り切れていることを考えると、エネルギー的に効率のいい走りができていると言えると思います。

そして、先月走った
「会津那須越県ロングトレイル」(90km、21時間15分で完走)では、

・ジェル1本
・エネモチ1本
・トレイルバター(大きいパックの方1個)
・エイドでお蕎麦
・コーラ

で走りきりました。

どうでしょう??

2本のレースでの距離や行動時間を考えると、一般的に言われるような補給の量と比べ、少ない摂取エネルギーでもしっかりと動けていると思います。

もちろんこれはファットアダプテーションに取り組んだ上で、心拍数やペースを意識してレースを進めたことで得られた結果になります。

補給が少なく済むメリット

=荷物が減らせる、軽量化、消化吸収による体への負担減、走りに集中できる

摂取するモノが減らせるので、その分補給食を持たなくてもいいようになります。持たない分、荷物の軽量化につながります。

また、ジェルで気持ち悪くなってしまうことや、気持ち悪くなり補給ができなくて動けなくなってしまうということを、防ぐこともできます。

補給そのものの行為、ポケットから取り出して、摂る動作が面倒くさくなることもロングレースでは出てきますし、ジェルなど補給食のベタベタで不快な思いをすることも減らせるので、走り自体に集中できます。

以上は、運動中の補給という点においての効果になりますが、
体脂肪が上手く使えるようになることで体重が落ちるという嬉しい効果(コレが1番のメリットだったり笑)もあったりします!!!

10月22日のFAT ADAPTATIONセミナー
のお申し込みはこちらから⬇︎

https://moshicom.com/profile/122166/

 

STRIDE LAB 名古屋』
愛知県名古屋市名東区八前2-1002
平日13:00-20:00 土日祝12:00-19:00
定休日(月)(木)
・駐車場あり
・東名高速名古屋インターI.Cから約10
・一社駅から徒歩約20分・上社駅、一社駅からお店近くまでバスもでてます。

LINEhma4983o  ⬅︎イベントや商品についてなど質問あればこちらからお気軽にお問い合わせください
facebook@stridelabnagoya
instagram@stride_lab_nagoya
イベント情報:e-moshicom

足底筋膜炎のケア

足底筋膜炎

足裏、アキレス腱付近、カカト周辺の痛み。ランニングやジャンプ動作などの繰り返される動作により、足底にダメージが蓄積され痛みが発生します。

特に動き出しで痛むことが多く、朝起きての1歩目や走り始めなどで痛みを感じやすい傾向があります。

朝起き上がって、歩き出しでカカト付近に痛みを感じることありませんか???

足底筋膜炎の原因の1つとして、オーバーストライドがあげられます。
体の重心より前で接地をしてしまうことで、足底筋、腓腹筋、ハムストリングは伸張性筋収縮(筋肉は伸ばされながら力を発揮)を行いながら衝撃吸収を繰り返します。
伸張性筋収縮は発揮できる力も大きのですが、その分負荷も大きくなります。

ケア

ストラスバーグソックを履くことにより、足関節を少し曲げた状態(背屈)をキープ、強制的にストレッチさせておくことができます。
ストレッチさせることでアーチの形状を最適に保ち、足底部を最も回復しやすい状態に保ってくれます。
レース後のリカバリーやハードな走り込みの後など、就寝中に着用することでより効果的な回復をすることができます。

日中の生活中や、運動時には、OS1st FS6 フットスリーブが効果的で、段階的に設定された着圧が足裏、アーチをサポートしてくれます

そのほか部位に応じたケア用品もご用意しております。
ランニング障害でお困りのかた、ご相談ください!

10月22日(火)
FAT ADAPTATIONセミナー開催
詳細はこちら https://moshicom.com/34654/

 

STRIDE LAB 名古屋』
愛知県名古屋市名東区八前2-1002
平日13:00-20:00 土日祝12:00-19:00
定休日(月)(木)
・駐車場あり
・東名高速名古屋インターI.Cから約10
・一社駅から徒歩約20分・上社駅、一社駅からお店近くまでバスもでてます。

LINEhma4983o  ⬅︎イベントや商品についてなど質問あればこちらからお気軽にお問い合わせください
facebook@stridelabnagoya
instagram@stride_lab_nagoya
イベント情報:e-moshicom

FAT ADAPTATION セミナー 10/22(火)開催

 

トレイルランナーやウルトラランナーの間で話題となっている
「FAT ADAPTATION」のセミナーを10月22日(火)にSTRIDE LAB 名古屋で開催します。

FAT ADAPTATION ファットアダプテーション???
 安静時や運動時に脂質をエネルギーとして利用しやすい身体に調整すること

カラダに蓄えられている脂肪を効率よくエネルギーとして利用するための体質改善です。

ファットアダプテーション効果

・運動中の摂取エネルギーの量を減らすことができる
・乳酸をエネルギーとして利用するための能力が増える
・カラダに蓄えられている脂肪を運動中に効率的に利用することができる

 

カラダに蓄えられた脂肪をエネルギーとして効率よく利用できるようになることで、運動中の補給は少なく すみ、ジェルなど補給で気持ち悪くなることや、血糖値の上下動のによる疲れ、内臓などカラダへの負担も 減らすことができます。
また、体に蓄えられた脂肪をうまく使えるようになる為、体重や体脂肪が減るという効果もあり、健康管理にも役立ちます。

今回のセミナーは、FAT ADAPTATIONの導入編、実践編の2部構成で開催!

【導入編】 https://moshicom.com/34654/
Fat Adaptationのコンセプトをわかりやすく説明します。このセミナーでは、効率の良いエネルギー代謝を身につけるために必要な基礎知識を得ることができます。

Fat Adaptationは無理なく、自然な形で皆さんの生活の中になじまなければいけません。実践する前に知っておいてほしい「Fat Adaptation」の「メリット&デメリット」を説明し、その効果を最大限に活かしていただくために、気をつけなければいけないポイントの詳細をわかりやすく説明します。

場合によっては「逆効果」になってしまうような「ネガティブ・アダプテーション」を起こさないために、Fat Adaptation基礎知識をしっかり学んで、これから学ぶ実践編の準備をしましょう。

【実践編】 https://moshicom.com/34688/
Fat Adaptationの初歩的な実践方法を実例を交えながら理論立てて説明します。より無理なく、より継続可能な方法でFat Adaptationを導入するために知っておきたい重要なキーポイントをまとめて学ぶことができます。

それぞれの生活習慣にあった形でのFat Adaptation方法を様々なケースに合わせて説明します。実際に摂った食事の内容や、間欠的ファスティングなど、正しい形で継続するための方法を実践的な説明をします。

自身の生活習慣に合う、最適な方法でのFat Adaptationを始めるために必要な実践的な基礎知識を学ぶことができます。

講師:福地孝 STRIDE PERFORMANCE CENTER代表、株式会社ロータス代表

導入編
日時:10月22日(火) 19:00−20:00

場所:STRIDE LAB 名古屋
参加費:2,000円
(1万円以上もしくはカイメラ購入に使える1,000円チケットをプレゼント)
参加賞:MCTゼリー
参加方法:イーモシコムからエントリー
定員:25名

実践編
日時:10月22日(火) 20:10ー21:10
場所:STRIDE LAB 名古屋
参加費:2,000円
(1万円以上もしくはカイメラ購入に使える1,000円チケットをプレゼント)
参加賞:MCTゼリー
参加方法:イーモシコムからエントリー
定員:25名

STRIDE LAB 名古屋』
愛知県名古屋市名東区八前2-1002
平日13:00-20:00 土日祝12:00-19:00
定休日(月)(木)
・駐車場あり
・東名高速名古屋インターI.Cから約10
・一社駅から徒歩約20分・上社駅、一社駅からお店近くまでバスもでてます。

LINEhma4983o  ⬅︎イベントや商品についてなど質問あればこちらからお気軽にお問い合わせください
facebook@stridelabnagoya
instagram@stride_lab_nagoya
イベント情報:e-moshicom

ALTRA の特徴

ALTAR=自然な走りができるシューズ

 

ALTARシューズの特徴
FOOTSHAPE フットシェイプ

アルトラのシューズは、つま先が自然にリラックスし広げられる様に足の形と同じ作りになっています。つま先が自然な状態になることで、足が本来持つ衝撃吸収機能を最大限発揮することができます。

足が本来持つ衝撃吸収機能とは「アーチ」のことで、内側縦アーチ、外足縦アーチ、横アーチの3つで形成されています。

3つのアーチが機能することで、歩行やランニングなどの運動時に発生する衝撃を吸収することができます。

例えば外反母趾の場合、
足の親指が内側に入る(母趾が外反)しているだけの様に見えますが、第一中足骨にも内反という動きが起きており、正しい足の状態からずれてしまっています。

アーチを形成するために、足指にストレスのかからない状態、自然な状態をキープできるのがフットシェイプです。

Balanced Cushoning バランスクッション

カカトとつま先の高さが1:1(ゼロドロップ)は、自然で正しい姿勢をとりやすく、運動時にかかる筋や関節への負担を軽減してくれます。

カカトが上がった状態で姿勢を正そうとすると、膝が曲がり、お尻が引け、腰が落ち、顎が前に出た様な姿勢になってしまいます。

自然で正しい姿勢を保つことで力をロスなく伝えられ、より高い推進力を発揮することができます。

自然な足の状態、自然な姿勢が、自然な走り=効率の良い走りにつながります。

ALTRA ロードシューズ紹介 PART2

こんにちは、ホシです!

ALTRAのロードシューズについて紹介PART2!

前回はアルトラのロード向けランニングシューズ
「TORIN4」「TORIN4 PLUSH」「PARADIGM4.5」について書きました。

今回は「DUO1.5」「SOLSTICE」「ESCALANTE2」
の3モデルについて書いていきます。

『DUO1.5』デュオ1.5

ALTRAの軽量、厚底、クッション、レーシングシューズといえばDUO!
まずは何と言っても圧倒的なクッション性と軽さ。

30mmの厚いミッドソールは一見重そうに見えますが、使用されているMax-LTは、非常に軽量でクッション性が高く、長時間のランニングをサポートしてくれます。

アッパーにはニット素材を使用しており、フィット感が高く、履いた瞬間から足に馴染む感覚です。
つま先の反り上がった形状は前への蹴り出しをサポートし、より楽にスピードを出させてくれます。

フルマラソンやウルトラマラソンのレースシューズとしておすすめです!

『SOLSTICE』ソルスティス

咋シーズン新登場したSOLSTICE。ソルスティス。シューズの分類的に言うとトレーニングシューズやエントリーシューズと言ったところでしょうか。

他のシューズと比べると薄めのミッドソールですが、履くとクッション性をしっかり感じられ、つま先とカカトの差のない自然な状態、Balanced Cushioningを良く感じられます。

薄めのミッドソールとフラットな感覚の履き心地は、地面との接地感が良く、足がどのあたりで地面に着いているのかもわかりやすいです。
地面との接地感が強く、安定感があるのでのジムなどの屋内用シューズとしてもおすすめで、ウェイトトレーニングからトレッドミルでのランニングまで1足でカバーできます。

ALTRAユーザーの方には、VANISH-Rのクッション性アップさせた感じや、ALTRAの名作ONEに近い感覚と言うとイメージしやすいかと思います。

『ESCALANTE 2』エスカランテ2

柔らかなニットアッパーが特徴のエスカランテ。前作に比べるとニットアッパーの硬さと補強が入ったことによりホールド感が倍増。

ミッドソールの弾力も少し上がり、反発、安定感も増しました。
スピードを出した際に前作との違いがよく感じられ、着地の際のブレ感をしっかりと抑えてくれる作りとなりました。
スピードを出した際の安定感がましたことで、普段のランニングからスピードトレーニング、レース用のシューズとしても履きやすい1足になりました。

まだまだロードシューズを紹介しきれてません💦
PART3に続きます!
PART1はこちら(TORIN4、TORIN4 PLUSH、PARADIGM4.5)

STRIDE LAB 名古屋』
愛知県名古屋市名東区八前2-1002
平日13:00-20:00 土日祝12:00-19:00
定休日(月)(木)
・駐車場あり
・東名高速名古屋インターI.Cから約10
・一社駅から徒歩約20分・上社駅、一社駅からお店近くまでバスもでてます。

LINEhma4983o  ⬅︎イベントや商品についてなど質問あればこちらからお気軽にお問い合わせください
facebook@stridelabnagoya
instagram@stride_lab_nagoya
イベント情報:e-moshicom

会津那須越県ロングトレイル走ってきました

こんにちは、ホシです!

先日、ブログでも紹介しましたトレイルレース
「会津那須越県ロングトレイル」に参加してきました。

今回が初開催ということで、どんなレースだったか気になる方もいるかと思いますのでレースレポートになります。

まずは、大会について改めて紹介。
「会津那須越県ロングトレイル」は、名前の通り福島県の会津から栃木県の那須塩原まで県をまたいで開催される総距離92キロ、累積標高7,094m、制限時間24時間のトレイルレースです。

初開催、エイドが4箇所(食べ物があるのが1箇所、水が3箇所)、めちゃくちゃ登る、コースマーキングが基本的にない、など事前の情報としては不安要素も多くありました。

受付・スタート会場は会津の観光名所「大内宿」で夜20:00にスタートです。

コースとしては大きな登りが4回!

前半3つ、後半1つ。
どの山も基本直登が続き険しい登り、そしてテクニカルな下りの連続です。
ガツンと登って、下る、走るの繰り返しです。

特に後半に待ち構える三倉山から稜線への登りが1200mUPとキツイ、、、

でも、登った後に待っていたのはこの景色!!!

三倉山山頂からの稜線は爆風でした

山と山を繋ぐ区間は林道やロードも多く、これが意外とキツかったです。

不安要素のエイドが4箇所にという点に関しては、
今回それほど気温が高くなかったのと、コース上に何箇所か自然の水場もあったので個人的には全く問題ありませんでした。

52k地点観音沼エイド
マーキングに関しても、全くないという訳ではありませんでした。道が不明瞭な箇所にはしっかりついてましたが、通常のトレランレースの様に一定の間隔でのマーキングや分岐の看板などないので、コースマップの確認は必須になると思います。

ちなみに今回3回ほどコースロストしました。その他分岐でも進む方向は立ち止まって確認。
おそらくほとんどの参加者が2、3回は必ずロストしているのではと思います。

レースは、予定通り日が暮れる前に完走!
色々と体調的なトラブルの連続でしたが、なんとか想定していた時間帯までには帰ってくることができました。

最後時計止め忘れたので正確な時間がわかりませんが
21時間15分ぐらいでフィニッシュ。

第1回大会ということで、様々な不安はありましたがそれを吹き飛ばす様な絶景を堪能でき、また参加してみたいと思える大会でした。

ALTRA ロードシューズ紹介 PART1

こんにちは、ホシです!

暑さも少しは落ちついてきて、走りやすくなってきましたね。
秋以降のマラソンに向けてそろそろ走り始めないといけませんね。

ALTRAのロードシューズについてまとめてご紹介いたします。
トレランシューズのイメージが強い方も多いかもしれませんがロードシューズもかなり充実してます!

そしてSTRIDE LABではALTRAシューズをフルラインナップ。
小さいサイズから大きサイズまでご用意してます。

では、早速紹介していきます。

TORIN4 トーリン4

アルトラロードシューズの定番モデル。
クッション性、反発性、ホールド感が高く、普段のランニングからウルトラマラソンまでどんな距離でも快適に履ける1足。

ミッドソールにはQuanticというクッション性と反発性のバランスの良い素材を使用。トレイルシューズのSuperior4にも使用され、ALTARのシューズで言うと軽量でクッション性の高いMax-LTと反発性のEGOを掛け合わせたようなミッドソールです。

中足部(足の甲あたり)のシューホールが2重構造になっていて、フィット感が高く、中足部をしっかりと包み込むようにホールドしてくれます。アウトソールも全面張りになりソールの耐久性、グリップ感もアップしました。

・TORIN4 PLUSH トーリン4プラッシュ
見た目はトーリン4のアッパーがニット素材になっただけですが、それだけではありません。
ミッッドソールはメッシュアッパーのトーリンよりも2mm厚く、ミッドソール上部にもウレタンを配置、ワンランク上の履き心地になっています。

・PARADIGM4.5 パラダイム4.5
クッション性とスタビリティ、サポート性に優れるPARADIGM。
ソールに配置されているスタビリティポッドとシューズ内側に設置されているガイドレールは、着地の安定感を与えてくれるとともに地面から足が離れる際のプロネーションもサポートしてくれます。

LSDやウルトラマラソンなど長時間のランニングにもってこいの1足です。
またPARADIGMはウォーキング用としても人気の高いシューズで、100キロウォーカーの人たちからも支持されています。

歩く際はランニングに比べ足と地面との時間が長くなるため、接地の際のブレを抑え、安定感を持たせることで楽に、疲れにくく歩くことができます。

ALTRAロードシューズ紹介PART1でした。

STRIDE LAB 名古屋』
愛知県名古屋市名東区八前2-1002
平日13:00-20:00 土日祝12:00-19:00
定休日(月)(木)
・駐車場あり
・東名高速名古屋インターI.Cから約10
・一社駅から徒歩約20分・上社駅、一社駅からお店近くまでバスもでてます。

LINEhma4983o  ⬅︎イベントや商品についてなど質問あればこちらからお気軽にお問い合わせください
facebook@stridelabnagoya
instagram@stride_lab_nagoya

STRIDE LAB 名古屋のランニングイベント

こんにちは、ホシです!

STRIDE LAB、よくイベントやってますよね?というお声をちょくちょくいただきます。

どんな感じなんですか?誰でも参加できるんですか?
とご質問いただくことも多いのイベントについて書いていきたいと思います。

STRIDE LAB 名古屋では、毎週何かしらイベントを開催して、みなさんと楽しく走らせてもらってます。

オープニングイベント「ZERO LIMITS NIGHT」

今までどんなイベントを開催してきたかと言いますと、
LSD
8キロペース走
ゆる~くモーニングトレイル

はじめてのインターバルトレーニング
LTR
パンらん
週末Night Trail
真夏の90分ラン
ジェラートラン
夕子練 ウォーミングアップ&ラントレーニング
夕子練 走りに繋がるトレーニング&Learn To Run
プチトレラン(シューズ試し履きtimp1.5
ぱんらん
パンラン
Lsd2時間
Sunday Night Trail 
平和公園ぐるぐるラン
LUNA Sunday
ゼロベースランニングクリニック
サンライズトレーニング
プチトレラン~平和公園~
ぱんラン
Altra新作シューズ試し履き vanish-xc
100miles 100times Day2トークセッション
100miles 100times Day2ランセッション 猿投山
100miles 100times DAY1トークセッション
100miles 100times Day1ランセッション 平和公園
ZERO Limits NIGHT Nagoya

夕子練坂道インターバル

オープンして約4ヶ月、ゆるめからガッツリ走る系までいろいろやってますね〜

そして週末のイベントの他に毎週水曜日の夜にナイトランも開催していて、オープン以来ほぼ毎週行なっています。

イベントの参加方法
FBのイベントページe-moshicom の2つあります。

 

 

Facebookのイベントページからご参加いただく場合は、
イベントページにある参加ボタンを押していただくだけでOKです。
e-moshicomの場合は、イベントページにいき申し込むボタンから流れに沿って入力していけば大丈夫です。

どちらでお申込みいただいても大丈夫です!

毎週水曜のナイトランは、お申込み等不要で、20:15にスタートするので、それまでにきていただければ大丈夫です。
毎回6〜8キロをキロ7分前後のペースで走ってます。

今後もいろいろとイベント開催していきますので、どうぞお気軽にご参加ください!

STRIDE LAB 名古屋』
愛知県名古屋市名東区八前2-1002
平日13:00-20:00 土日祝12:00-19:00
定休日(月)(木)
・駐車場あり
・東名高速名古屋インターI.Cから約10
・一社駅から徒歩約20分・上社駅、一社駅からお店近くまでバスもでてます。
LINEhma4983o  ⬅︎イベントや商品についてなど質問あればこちらからお気軽にお問い合わせください
facebook@stridelabnagoya
instagram@stride_lab_nagoya